第88回定期総会開催

2017年5月25日 木曜日

5月23日(火)めぐろパーシモンホール小ホールにて第88回定期総会が開催されました。

平成28年度事業報告及び決算報告、監査報告、平成29年度事業計画及び収支予算案が審議され全て異議なく承認されました。

 

昼食を挟んで午後からは講演会が開催されました。

テーマは「子どもの夢と親の願い ~豊かな地域生活をかなえるために~」。

講師にNPO法人地域ケアさぽーと研究所の下川和洋氏をお迎えし、様々な具体例を挙げていただきながら講演をしていただきました。

 IMG_3200IMG_3201

詳細については次回の会報72号で掲載いたします。

社会参加に関する障害者等の意識調査報告書

2017年4月4日 火曜日

東京都福祉保健局では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として障害者の一層の社会参加の促進を図るため、スポーツ大会や文化事業等に関する障害者等の意識を把握するために「社会参加に関する障害者等の意識調査」を実施しました。

調査結果については東京都福祉保健局のホームページでご覧いただけます。

第33回ふれあいコンサート参加

2017年3月13日 月曜日

3月12日(日)に「第33回障害者のためのふれあいコンサート」が新宿文化センター大ホールで開催されました。

このイベントは東京都・東京都交響楽団・日本チャリティ協会が主催で毎年行われているものです。

今回は第一部で日本を代表するコーラスグループ  サーカス をサポートしてきた二人が本格派夫婦ポップデュオとして新たに結成した 2VOICE が、「アメイジンググレイス」や「見上げてごらん夜の星を」など素敵なハーモニーを聞かせてくれました。

続いて第二部では東京都共済会の特別協賛による、東京都交響楽団のコンサートが開かれました。

IMG_3085

指揮者は同楽団の音楽監督でもある世界的指揮者の大野和士氏。1964年の東京オリンピックのファンファーレで幕が開き、東京オリンピックマーチやメンデルスゾーンの結婚行進曲など、一度は耳にしたことのある楽曲が演奏され、会場は多いに盛り上がりました。招待された観客の多くは肢体不自由や知的障害、盲聾など様々なハンデキャップがある方で、なかなか一流の音楽家による演奏にふれあう機会が少ないのが現状です。そんな中このような機会を永年設けていただいていることに対し、関係各位に改めて感謝いたします。

ありがとうございました。

東京都特別支援教育推進計画の策定について

2017年2月10日 金曜日

この度、東京都教育委員会では、東京都特別支援教育推進計画(第二期)・第一次実施計画を策定しました。

この特別支援教育推進計画(第二期)は10年間(H29~H38)の長期にわたる計画で、第一次から第三次までに分けられており、第一次実施計画は平成29年から32年までの4年間において計画の基本理念である「共生社会の実現に向け、障害のある幼児・児童・生徒の自立を目指し、一人一人の能力を最大限に伸長して、社会に参加・貢献できる人間を育成」の実現に向けた具体的な計画が示されています。

これら計画の本文及び説明会のお知らせは東京都教育委員会のホームページでご覧いただけます。

新年懇親会開催

2017年1月26日 木曜日

1月21日(土)毎年恒例の新年懇親会が上野精養軒で開催されました。

ご来賓として東京都福祉保健局、東京都教育庁をはじめ、当会を支援していただいている行政、関係団体、企業の方々にご臨席いただき、多くの加盟各地区会員も集い盛大に新年の宴が開かれました。

会長挨拶

 

昨年に引き続き今年も抽選会が行われ、特賞の「上野精養軒お食事券」の抽選では大きな歓声も上がっていました。

恒例のカラオケでは即席のグループが出来上がり、壇上でのパフォーマンスも披露されました。

台東区墨東コカ・コーラとその仲間

 

いただきましたご来賓の祝辞や詳しい内容は次回の会報で掲載させていただきます。

ご臨席いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

集合写真

クリスマスパーティ

2016年12月21日 水曜日

12月20日(火)にホテルニューグランド横浜において「李冨鉄税理士事務所」主催のクリスマスパーティが開催されました。

今年も父母の会では東京都肢連、神奈川県肢連から17組35名のご招待を受けました。

IMG_2947IMG_2951

 

全肢連50周年記念式典でも司会を務めていただいた藤井暁さん(テレビ朝日)、国府田里美さんの進行で、豪華な食事と素敵な夜景、カラオケなど年末の一時を楽しく過ごしました。

IMG_2959IMG_2949

 

後半は、吉本の若手お笑いコンビ「マニッシュガーリー」のものまねや、アイドルグループ「花言葉はイノセンス」のライブもあり会場全体が大盛り上がり。

IMG_2964IMG_2962IMG_2967IMG_2969

 

最後に恒例の大抽選会が行われ、コカ・コーラ賞、みずほ銀行賞、ポンパドール賞などとともに、読売ジャイアンツ三軍投手コーチの阿波野秀幸さんから、ジャイアンツ選手のサイン色紙やキャップ、ウインドブレーカーなどもプレゼントされました。

IMG_2970

 

李冨鉄税理士事務所の方々、ご支援を頂いた全ての方々に感謝申し上げます。

第36回ふれあいフェスティバル

2016年12月7日 水曜日

12月5日(月)に平成28年度「障害者週間の集い」として第36回ふれあいフェスティバルが東京都庁第一本庁舎5階大会議場で開催されました。

ふれあいステージでは踊正太郎さんの津軽三味線ライブや都立府中けやきの森学園和太鼓部による演奏が行われました。またふれあいトークショーではリオデジャネイロパラリンピック競泳メダリストの木村敬一さんをゲストに迎え、ゲストインタビュアーの北京オリンピック競泳メダリストの宮下純一さんと軽快なトークで会場を盛り上げていました。

IMG_2940IMG_2941

 

ふれあいステージに先立ち行われた記念式典では当会前会長高橋勝幸が障害者自立生活支援功労者として大田区より推薦され表彰されました。

IMG_2936IMG_2939

 

おめでとうございました。

研修大会開催

2016年12月2日 金曜日

今年度の東肢連「研修大会」が11月10日(木)に江東区豊洲シビックセンター7階レクホールで開催されました。

当日は加盟地区の会員や賛助会員を中心に約80名の参加がありました。今回のテーマは「防災対策全般の説明及び東京都の防災対策について」として東京都総務局総合防災部及び東京都福祉保健局の職員の方々にご講演いただきました。

2016研修大会12016研修大会2

 

災害対策法における国と自治体の役割や東京都地域防災計画の概要、避難行動要支援者の避難行動支援に係る取組についてなど都の基本的な考えをお話しいただきました。東京都でできること、市町村でできること、各自が備えることを明確にし、自助、共助(父母の会では近助の大切さも訴えています)がいかに重要で、自分たちの大切な子どもや家族を守るために今何をすべきかなど、考えさせられる大会となりました。

会場では全肢連が進めている防災備蓄関連商品の展示もあり、避難所等で横になるためのエアーマットやソーラーランタン、ミキサー食の方に対応したミキサー粥など、父母の会ならではの備蓄品の数々に興味を示されていました。

2016研修大会3

 

研修大会の詳細については会報71号で掲載する予定です。

相模原障害者殺傷事件の犠牲者を追悼し、想いを語る会

2016年9月29日 木曜日

津久井やまゆり園の事件から2ヶ月たった月命日の9月26日に、「相模原障害者殺傷事件の犠牲者を追悼し、想いを語る会」が参議院議院会館講堂において開かれました。

追悼会には東肢連からの参加者7名を含む、全国から300名余りが集い、思い思いに哀悼の意を表しました。
参加者全員による黙祷に引き続き、呼びかけ人の清水誠一全肢連会長の代理として石橋吉章副会長が献花とメッセージを披露、また国会議員や呼びかけ人、賛同者代表などが次々と献花とメッセージを述べました。
続いて16時から各自メッセージボードを抱え日比谷公園からアピール行進を行いました。

特別決議文を採択

2016年9月13日 火曜日

7月30日、31日に行われた第49回全国肢体不自由児者父母の会連合会全国大会において、津久井やまゆり園で起きた悲惨な事件に対し「特別決議文」が採択されました。

なお、この決議文は内閣府、厚生労働省、文部科学省に提出されました。

 

特別決議文

津久井やまゆり園で大きな悲しみに襲われました。子どもたちは今回の事件で大きな不安を感じたと同時に、家族・支援者は、この事件での障害のある方の尊厳が今なお軽んじられていることに大きな衝撃を受け、差別や虐待を超越した「障害者なんていなくてよい」という「優生思想」が今なお叫ばれたことに戦慄を覚えました。

よって、下記の事項を特別決議とします。

 

1、このような悲惨な出来事により、障害者を排除する社会に向かわないよう、関係者一同、意をひとつにします。

 

平成28年7月31日

第49回 全国肢体不自由児者父母の会連合会全国大会

第53回 関東甲信越肢体不自由児者父母の会連合会神奈川大会