ハンドアーチェリー

ハンドアーチェリーリーフ表紙楽しく「挑戦」する。ハンドアーチェリーの魅力
ハンドアーチェリーは、「どこでも!」「誰でも!」安全に楽しめるレクリエーションスポーツです。
ボード(的)に針のついていないピンをあて、その合計得点を競います。
ボードにピンが当たると音が出て点数が掲示され、分かりやすく初めての方でも気軽に楽しめます。
ピンの先が磁石になっており、児童から高齢者、障害者まで安全に安心して楽しめるよう配慮されています。
このようにハンドアーチェリーは、幅広い方々の健康増進の一助ともなっており、全国肢体不自由児者父母の会連合会では、ハンドアーチェリーの普及活動を推進しています。

●新たな「目標」に!
●リハビリテーションの一環に!
●職場のリフレッシュに!

 

 

●基本ルール

・指定の位置より「右手で5回」「左手で5回」合計10回ピンを投げます。
・ボードは真ん中から順番に、10点、9点、8点、、7点〜1点となっています。
・枠外に当たった場合は0点になります。 ・点数板に表示された合計点数の高い人が勝ちとなります。  点数が同点の場合、右手5回の点数と左手5回の点数の差が少ない人が勝ちとなります。

 

a01

1 握り方

人差し指、中指、親指で、ピンを持つようにします。

r01r02

2 スタンス

ボードに向かって立つ基本姿勢は側面型、正面型、中間型が一般的です。
側面型や中間型の場合、投げる手と同じ側の足を前に出して構えます。

 

r03 r04

 

 

× 禁止されている投げ方

・顔の横から投げる
・メーターシートを踏んで投げる
・野球のような投げ方

 

r05r06

3 リリース

ピンを持って目標を視線と一直線にし、肘を肩からまっすぐ腕を伸ばして構えます。
次に水平に腕を引き、引いた腕の反動を利用して、肩を動かさずにまっすぐ腕を伸ばして投げます。
投げた後、手と腕がボードの中心に向いている事がポイントです。

 

r07r08

 

●投げづらい時は...

競技対象者の身体状況によって、投げる距離や姿勢、ボードの高さなども自由に設定する事が可能です。
補助具「HaSaS(ハサス)」もご用意しております。

Let’s Enjoy!

ハンドアーチェリー 基本セット内容

ボード

a02

単3電池3本で動きます。専用のピンが当たると音が出て点数が表示されます。
※基本セットに電池は入っておりません。

 

ピン

a03

ピンク9本、グリーン9本の合計18本入っています。

 

得点表

a04

競技用の得点表です。様々な場面にお使い下さい。

 

メーターシート

a05

基本ルールでは、大人は3メートルの距離から投げます。
この場合は、イーゼルの前足を2.5メートルに、合わせて下さい。

 

イーゼル

a06

ボードをセッティングするための専用イーゼルです。ハンドアーチェリーを使用する際には、これをお使い下さい。

 

収納バッグ

a07

ボードやピンなどを運ぶための専用バッグです。
※このバッグにイーゼルは収納出来ません。

 

基本セット内訳

・ボード
・ピン
(ピンク×9、グリーン×9)
・得点表
・メーターシート
・イーゼル
・収納バッグ

 

別売り品

ロールバナー(専用ケース付)

¥30,000(税別)
合計6色をご用意しております。

 

専用収納プラケース

¥8,000(税別)
バックごと収納ができ、仕切り1枚入りでイーゼル収納可能に。

 

ピンのみ

¥1,280(税別)
ピンク3本、グリーン3本

 

メーターシートのみ

¥4,500(税別)
オプションとしてご用意しています。
ボードの後ろにセットすることで、ピンの飛散を軽減しつつ、競技を盛り上げるアイテムです。